東に富士を仰ぎ、南に駿河湾と
伊豆半島を遠望する白糸中原の地に位置する


現在の富士宮上井出、白糸、井之頭、人穴の
小学校の発祥のお寺





ご住職 十六世 本間光信
 

御一緒に御参拝しましょう
(動画5.9M)
動画が見れない方は
下記の Windows Media Playerを
ダウンロードして下さい。

Get Windows Media Player

 

本源寺の由緒縁起

「山   号」 蓮華山
「住   所」 富士宮市原873番地
「本 寺 名」 本源寺
          [ 本尊勧請様式・曼荼羅 ]
「祖   像」 読経像

本   堂

 

 

「沿革」 

北山本門寺十二世日健が慶長三年(1598年)に富士宮市
和田の地に創設したものを、元和五年(1619年)に弟子恵
光坊日仙をして当地に移転させたが、その理由は不明で
ある。
しかし、本門寺中心に教線を拡大しようとする方針であった
と思われる。寺域は本門寺より八キロの北西、大石寺より
は六キロ北上し、海抜五百メートルの眺望絶景の勝地であ
った。

参   道

 
白糸中原の地は、早くより拓けた村落であったが、北に隣接
部落は曹洞宗に属し、西に隣接する半野部落は全部大石寺
に所属している情況下にあって明治の廃仏毀釈により既に
廃寺となるところであったが、部落民の切なる要請により存続
した。
当時の学制施行によって白糸小学校(高根舎)として明治三十
九年(1906年)まで使用、その後は無住の状態で部落の集会

山   門

三派合同以前は本門宗。興統法縁。


    参道には「吉野麗人」の句碑が建立されています。

本源寺では毎年「句会」「お茶会」が行われています。

当地の伝説の「あお蛙」、その「あお蛙の声を聞く会」
等が毎年、催されています。

四季折々の山野草が本寺の庭園で楽しめます。


東に富士を仰ぎ、南に駿河湾と
伊豆半島を遠望する白糸中原の地に位置する素晴らしこの地

永代使用料 一区画 25〜30万円

墓地入口

旧墓地

新墓地

新墓地

境内墓地分譲区画数 140区画

区分

区画面積

 

今回限定
区画数

永代使用料

年間管理料

入壇料

護持会費

その他

永代供養のお墓

 

(永代供養料)

 

計画中

       

新墓地

1坪弱

1.5mX1.8m

 

25万円

一口\5,000  

新墓地

1坪

1.8mX1.8m

 

30万円

一口\5,000  

 

お問い合わせ先
富士宮市原873番地


TEL 0544-54-0087
FAX 0544-54-0087

写真集

     
     
     
     
石の事なら何でもご相談下さい。 TEL 0544-27-4037
携帯 090-2186-4637
E-mail fukaseki@fukaseki.com